カブ吉くん メンテナンス(オイル編)その一

 皆さまこんにちは、スーパーカブ耐久チャレンジの管理人です。

 

 今日は、カブ吉くんのエンジンオイルの話しをしたいと思います。

 カブ吉くんのオドメーターは、現在219,800kmを少し超えたあたりを表示しています。オイル交換のサイクルは、『JA07型スーパーカブ110』の取扱説明書の中では、新車で走り始めてから1回目のみを1,000kmで実施し、それ以後は3,000km毎に交換するように記載されています。

 しかし、実際のカブ吉くんでは、ジョニーさんの比較的高回転を多用する事を厭わないライディングスタイルや、『雪の日以外は走ろうね!』というお約束で、どうしても一般の空冷マシン達と比べても多走行になってしまうだろう事を踏まえて、初回1,000kmで交換の後は、何らかの理由がない限り2,000km毎の交換を実施する事で現在に至っています。

 そうやって考えてみると、カブ吉くんはすでに100回以上のオイル交換をして来たという事になります。1台のオートバイで、ここまでオイル交換をされたオートバイは、周りを見渡してもなかなか無いかもしれません。

 そして、その交換に使われるエンジンオイルは、一体どのようなものが指定されているのか確認してみると、サービスマニュアルによれば『JA07型スーパーカブ110』のメーカー推奨オイルは、『Honda純正ウルトラG1』という事になっています。

 しかし、その相当品を使用する事もなにも問題はなく、次の三つの条件を満たすように記載されています。

 

1.API分類:SG、SH、SJ、またはSL級相当品

2.JASO規格:MA

3.SAE規格:外気温に応じ10W-30及び10W-40から選択

但し、API分類が合致していても、特性が微妙に異なり、この車両に適合しない場合がある。

 

以上のような条件から、ジョニーさんと吉村さんは『JA07型スーパーカブ110』の耐久性を確認する事も含めて、カブ吉くんに使うオイルを次のように決めたのです。

 

『使用するオイルは、推奨純正オイルのG1を基本とする。しかし、中距離及び長距離ツーリングや高回転での使用が増える春から秋の時期はG2(10Wー40)を使用しても構わない』

 

 耐久性の見極めの為、それ以外のオイルは基本的に使用しません。いろいろなオイルを使ってしまうと、どのオイルがエンジンにどのような影響を及ぼしたのか、まったく分からなくなってしまうからです。

 そしてカブ吉くんは、この二種類のオイルを使用しながら、21万キロを過ぎるまでは大きな問題も起こさずに走って来ておりました。

 そういう意味で考えてみると、10万キロあたりを目標にして走るのであれば、推奨純正オイルを使用して、決まった距離でキチンとオイル交換さえしていれば、現在の『スーパーカブ』はほとんどが普通に走ってしまうような気が致します。

 しかし、そんなカブ吉くんも、昨年末の213,000kmを超えたあたりから小さな異変が起こり始めたのです。その時点で使用していたオイルは、寒い冬の時期なので『ウルトラG1』オイルを使用していました。

 では、どんな事が起こり始めたかというと、通常の2,000kmのオイル交換サイクルの間に、オイルが少量ではありますが減るようになったのです。20万キロを過ぎるまでは、まったくそういう事はなかったのですが、昨年末あたりから微妙に減っている事が増えて来ました。その減り方は、1,000km走って、だいたい100~150ccくらいの減り方です。まだまだ少ない減り方ですが、確実にオイルは減っているようです。

 ジョニーさんがその事を吉村さんに伝えると、『エンジンオイルが減ること自体は、それだけで特別に異常という訳じゃないからな。まぁ、もう少し様子を見てみるようかなぁ』という、いたって普通の答えが返ってきました。

 しかし、今年の3月に入って事態は次のステップに進んで行ったのです。ジョニーさんがカブ吉くんに乗って出かけている時に、たまたま交差点で信号待ちをしていたら、何かオイルの焼けたような臭いを感じたのです。ジョニーさんは、『あれっ?』っと思いながら、まずは周りの車たちの様子を確認したそうです。でも、その中にはトラックやマフラーから煙りが出ているような古い車はいませんでした。ジョニーさんはもしやと思い、カブ吉くんのギヤがニュートラルである事を確認した後、マフラーを見ながらスロットルを多めに開いてみました。そして、そこにまだ非常に薄い感じではありますが、カブ吉くんのマフラーからごく少量の白い煙りが確実に出ている事をおもいっきり見てしまったのです。

『これって、オイル上がりじゃないの?』

 ジョニーさんは、その事実に少なからず衝撃を受けたようです。そして、その日の晩のうちに吉村さんと相談して、とりあえずエンジンオイルを交換する事となりました。今までこの時期には使う事のなかった『ウルトラG2 10W-40』への交換です。

 これは、シリンダーとピストンのクリアランスが大きくなってきたエンジンには良く使われる手法です。このくらいの対応策で済んでくれればよいのですが、根本的な原因が解決された訳ではありません。

 現在、その交換後800kmほど走行をしていますが、オイルの焼けた臭いは無くなっています。そして、マフラーからの白い煙りもほとんど確認出来ないくらいの状態になっています。

 

 近年、都市部を含めて法定速度の60km/hで走行できる道路が徐々に増えて来ました。それより、更に速い70km/hの指定速度で走行可能な『新潟バイパス』や『岡山バイパス』のような道路も、どんどん増えているようです。

 そして、そういう道路での実際の交通の流れは、その指定速度からさらに速くなっている事が、当たり前であるような気も致します。

 ジョニーさんは、結構『郷に入れば郷に従え』的な人なので、地元の方々と同じように走行される事が多く、時には地元の方々以上に元気に走られる事もあります。

 ちなみに、70km/hで走行しているの時のカブ吉くんのエンジン回転数は、約6,200回転になります。これは普通の乗用車で考えると、ほぼレッドゾーン直前くらいの回転数に相当するような気が致します。

 まぁ、一気筒当たりの排気量が三~四倍以上違いのある四輪車のエンジンと、単純に比較する事はできませんが、それにしても、この常用回転域の高さで20万キロ以上を走ってきたカブ吉くんに、管理人は心の底から驚きを隠せません。

 

 果たしてこれから先、カブ吉くんはこの状態で、エンジンのオーバーホールもせずに月までたどり着けるのでしょうか?

 

 さあ、ここからが『月まで走れ!』の本番です。

                                   管理人