カブ吉くん メンテナンス(22万キロ整備編)

 皆さまこんにちは、スーパーカブ耐久チャレンジの管理人です。

 

 4月に入ってようやくお休みの取れたジョニーさんが、久しぶりにカブ吉くんの整備を実施したようなので、そのご報告をさせて頂きます。

 サブタイトルには、「一体どれだけの整備をしたんだ?」と思ってしまう仰々しい文字がならんでおりますが、それほど大した事はしておりません。たまたま総走行距離が『22万キロ』を過ぎたところだったので、こんなタイトルになりました。お騒がせしてすみません。

 

 それでは、過去二回ほどジョニーさんが実施するメンテナンス記事をアップさせて頂きましたが、今までジョニーさんが『どのタイミングで、どんなメンテナンスを実施しているのか?』という事をキチンとお伝えしていなかったと思うので、ここで改めてご紹介したいと思います。メンテナンスは、大きく分けて下記の通り三種類に分かれています。

 

1.日常メンテナンス(実施時期:走行距離にもよるがほぼ毎週)

  ジョニーさんは、カブ吉くんに乗るのが大好きです。ほぼ一週間で3~400

  kmを走ります。ツーリングが週末に入ったりすれば、その距離はもっと伸び

  る事になります。そうすると、どうしてもドライブチェーンへの給油が必要に

  なって来るのです。

 《主要点検項目》ドライブチェーン給油、空気圧調整

  主に整備するのは上記2点ですが、チェーンが延びていれば張り調整をしますし

  、ブレーキが甘ければ調整をします。緊急性のある整備以外は、大体ここで整備

  が行われます。

 

2.夏支度及び冬支度整備(実施時期:ハンドルカバーの脱着時)

  カブ吉くんにハンドルカバーが付いている時期は、寒がりのジョニーさんが『もう

  ダメ!』と感じるタイミング(概ね10月初旬から10月中旬)から、翌年の梅雨

  明けまでです。結構長いあいだカブ吉くんには、ハンドルカバーが装着されていま

  す。そしてこの整備は、そのハンドルカバーの脱着のタイミングで実施されます。

 《主要点検項目》スピードメータケーブル、ブレーキケーブル、スロットルケーブル

  への給脂及び給油、バッテリー点検(冬支度整備)

  要するに、アッパハンドルバーカバーを外さないと出来ないメンテナンスがここで

  実施されます。スピードメーターケーブルを除くケーブル類は、カブ吉くんのよう

  に長い間ハンドルカバーが装着されている場合は比較的大丈夫なのですが、ジョニ

  ーさんと違って寒さに強く『ハンドルカバーなどいらない』というライダーの皆さ

  まはここで少しご注意が必要です。

   通常マシンを駐車したりする時は、ハンドルを左に切った状態で停めておく事が

  多いのではないかと思います。右側のグリップが上がった状態で雨が降り、その

  時間が長かったりすると、やはりケーブルの中に水が浸入する事があるようです。

  今年は10歳を迎えるJA07型スーパーカブ達もたくさんいると思うので、ブレ

  -キ等に違和感があるようでしたら、整備をしてみるといいかもしれません。

 

3.1万キロ整備(実施時期:走行距離1万キロ毎に実施する整備)

  カブ吉くんが10万キロを超えるまでは、あまり明確に実施していなかったのです

  が、11万キロからはキチンとやるようになりました。アップされている『走行

  データ』にも記載されておりますが、ジョニーさんのその時の気分で、たまにスル

  -されている時(20万キロはやっていません!)もあるようです。

 《主要整備項目》スイングアーム(ピボットブッシュ廻り)点検及び給脂、ドライブ

  スプロケット点検及び清掃

  スーパーカブのスイングアームにベアリングは付いていません。大きなマシンに

  乗っておられる方には信じられないでしょうが、カブにはベアリングがないのです

  。あるのは、『ピボットブッシュ』という名称のゴムブッシュにスチールのカラー

  が入った部品です。ここが、ほったらかしておくと『ピボットボルト』から『ブッ

  シュ』まで全部サビサビになってしまうのです。カブ吉くんも実際、サビサビで放

  置されていた時期があったようです。しかし、こんな思い出した時にしかやらない

  メンテナンスでも、たまに実施しておけば22万キロ走ってもスイングアームに

  『ガタ』は一切出ないのです。そして、リヤサスペンションが路面に合せて本当に

  よく動くようになります。スーパーカブ恐るべしです。

  次にドライブスプロケットに関しては、ジョニーさんの趣味と言ってもいいかも知

  れません。ジョニーさんは、ここが汚れているのが嫌なのです。普通、ほかのマシ

  ン達をを見てみると、ここがきれいなマシンというのは少ないと思います。吉村さ

  んのお店に整備で入って来るマシン達を見ても、ほぼ錆で赤茶色になっているマシ

  ンが多数です。ドライブスプロケットカバーを外してしなければならないという整

  備があまり多くない為かもしれません。しかし、カブ吉くんのドライブスプロケ

  トには錆など一切ありません。固定ボルトやフィキシングプレートも同様です。2

  0年以上前になりますが、『私、脱いでもすごいんです』というCMがありました

  が、カブ吉くんもそういう所は結構すごいんです。

 

 ジョニーさんとカブ吉くんは、以上のメンテナンスを組み合わせて22万キロの距離を走って来ました。ここのところ、カブ吉くんの身体にだんだん不具合が発生し始めていますが、先日もジョニーさんは吉村さんのお店に行きこんな話しをしていました。

『俺の身体もあっちこっちガタが来てるけど、カブ吉もそれなりに老化して来てるってことだよね?』とジョニーさんが吉村さんに尋ねると、

『まぁ、大きな排気量のマシンと比較したら、圧倒的に常用回転域も高い訳だしな。ノンオーバーホールで、よくこの距離まで走ってこれてるって考える方が自然なのかもしれねぇな』と、吉村さんは大きく頷きながら答えていました。

  

 さあ、こんな話しが二人の間で交わされていると言う事は、今後のメンテナンスは今までとは少し違ったものになって行くのかもしれません。

 

 4月も中旬を向かえ、ようやくとオートバイに乗るのにいい季節になって来ました。

それでは皆さま、事故に気を付けてオートバイをお楽しみください。

 

                                    管理人